愛車を安売りしたくないなら自分で売却価格を決める必要がある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今まで長年乗ってきた愛車でも、いずれは別れの時がきます。

次の購入先で下取りをするのも良いでしょうが、下取り査定はたいがい安く査定されやすいものです。

とくにディーラーでの下取り査定では、年式10年以上経過したクルマや走行距離数が10万㎞超えたクルマなどでは車両自体の値段が付かない事が多く0円などという金額を付けられる事がほとんどです。

そこで納得がいかずに車買取専門店で査定をしてもらったら3万円を付けてくれた!

ディーラーよりも高い値段を付けてくれたので、納得して愛車の売却を契約する。

というのが車買取専門店ではよくある事ですが、結果的に売却した本人は下取りよりも高い金額で売却できたので満足して愛車を手放す事ができました。

しかしどこの車査定に出しても結局は業者が付けている値段でしかありませんし、その中で比較をして「高い」のか「安い」のかを判断しているので常に売却金額は業者に決められている状態です。

つまりあなたの車の売却金額は買取業者に決定権がある状態になっています。

車買取店がよく使う「今即決してもらえば」には営業マンの一番の狙いが込められている

愛車を高く売るには、いくつもの買取店で比較をした方が高く売る事が可能になりますが、査定を重ねるうちに必ず言われる言葉があります。

それは「今即決してもらえば」です。

「今即決してもらえばどこよりも高く買取します!」と買取店から言われて、実際に他の店舗よりも高い金額を提示されたら信用してしまいますよね。

  • A社で20万円
  • B社で18万円
  • C社で22万円

このような複数の査定金額を出された状態で、新たに「D社」で査定見積もりしたらなんと「24万円!!」という査定金額を付けてもらいました!

しかし、条件として「今即決してもらえば」という事を言われました。

どの査定金額よりも実際に高い金額なので、この中では「高く売れる」事になります。

実際にどこよりも高い金額なので、おそらくほとんどの人が即決して契約をすると思います。

でもなぜ「今即決」が必要なんでしょうか?

本当にどこよりも高い金額のはずなら即決しなくても、お客は高い金額を出してくれた所に戻ってくるはずですよね?

つまりこの「今即決してもらえば」という言葉には「他のお店にいかないでください」という意味が含まれていおり、さらには他の買取店舗では上値がでる可能性があるからあなたを逃がさないようにするための決め台詞なんです。

車買取業者に売却値段を決められているうちは絶対に高く売れない

車買取では一般の商売ではありえないシステムになっています。

買物をする人が好きな値段を付けて商品を得る事が出来るようになっているので、いくらでも安く買いたいという人でありふれている状態です。

そんなところに、いくらで買いますか?などと聞いても安い金額になるのは当たり前です。

値段が決まっていない商品を誰もわざわざ高い金額を付ける人はいません。

ではどうすれば高く売れるのか?

それは自分で売却金額を決める事です。

むしろどこのお店でも当たり前のように値段は付いていますので、値段が付いていない状態がありえません。

安売り状態から脱出して自分で値段を決めて売却をする事が高く売れる第一歩になります。

これが出来るような買取サービスが今は出ているので、こういったサービスを活用した方が絶対に高く売る事ができます。

今まではこういった買取サービスがなかったので、いくらどんなに多くの買取業者との比較をしても結局の所は業者が付けた値段でしかありませんでした。

さらには買取した後に全国にあるオークション会場に流す事になり、そこで売却して利益を得られる金額でしか買取しません。

例えば、オークション相場で60万の車種があったとします。

このクルマと同じ車種を買取業者に査定依頼したとしたら、買取業者では利益が確保できる金額でしか買取しません。

買取業者が利益を出す為にはオークション相場の―20%~30%で買取をする事になるので42万円~48万円ぐらいの買取金額になります。

60万円のオークション相場であれば42万~48万が最高買取価格という事になります。

あくまでも簡単に利益分を引いただけの金額なので実際にはもっと低い金額で買取をされているはずです。

本来なら60万円の価値があるはずの車なのに一般的な買取方法で売却してしまうと、必ずこのような中間マージンが発生してしまいます。

そのおかげで本来の買取相場よりも低い値段で買取されているのが今までの買取サービスでした。

ではもしも、このオークション相場の60万円という金額で売却を出来る買取サービスがあったらどうしますか?

愛車を売るなら自分で売却金額を決めてオークションに出す方が高く売れる

私がもっともおすすめする買取サービスは自分で売却金額を決める事ができ、さらにオークションを開催する事ができる今までの買取サービスでは無かった全く新しい売却方法ができる「セルカ(SellCa)」という買取サービスです。

セルカ(SellCa)は今までのような買取業者が常に決めていた買取金額ではなく、自分で売りたい価格を決める事ができるので、安く買い取られる心配はありません。

さらにオークションで直接落札できるシステムにより、今までの買取業者が利益を得るために必要だった20%~30%分の中間マージンをカットする事が出来るので圧倒的に高く売りやすい環境をつくる事ができます。

オークションも最大6000社が参加する今までにはないほどの販売業者を競い合わせる事が出来るサービスになります。

こんなに良い買取サービスなので、何か悪い所でもあるのではないか?

そう思っちゃいますよね💦

特に心配になるのが、オークション形式なので利用料金などが高くなるのではないか?

確かに、業者に頼むオークション代行も料金はかかりますし、みなさんおなじみのヤフオクでも料金が発生します。

しかし「セルカ(SellCa)」は期間限定キャンペーンにより無料です!

出品手数料・落札手数料のどちらも無料になるので1円たりとも費用がかかりません。

もはやメリットしかありません。

あえて言うなら、セルカ(SellCa)では出張査定はしていないので、自宅付近の取次店舗にて車を持ち込んで査定をしてもらう事になるぐらいです。

若干の移動時間は自分で自走しないといけない部分ですかね。

でもこのぐらいは許容範囲ではないでしょうか。

得られるメリットと比べたら、デメリットとは言えないほどです。

もちろん、オークション形式なので、いままでのようなしつこい営業やしつこい電話などは一切ないので取引もスムーズに出来ます。

これから愛車の売却を考えている方なら、とくにおすすめな買取サービスなのでチェックしておいてください。

ちなみに無料なのは期間限定となっているのでチャンスを逃さない方が良いでしょう。

セルカ(SellCa)の詳しい解説を↓の記事で紹介しています。

SNSでもご購読できます。