車をヤフオクなら高く売れる?セルカ(SellCa)と比較してみた結果は!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しつこい営業なしで、さらに高く売りたい!と考えていくと車買取一括査定サービスや実際にある買取専門店には依頼する気にはなりませんよね。

そこでヤフオクで車を出品してみては?と思う方もいるかもしれません。

ヤフオクならしつこい営業もないし、自分で売却値段も決める事が出来るので安く買い取られる心配はないし、さらに全国に配信できるオークションなので高く売れるかも?

という期待を持てるサービスだと感じている方もいるかと思います。

それと同じような買取サービスが「セルカ(SellCa)」という新し売却方法が今は誕生しています。

こちらもヤフオクと同じく自分で売却値段も決める事が出来るし、オークション形式なので高く売る事が期待できるサービスです!

どちらも同じオークション形式ではありますが、それぞれ違った特徴があります。

ではどちらが高く売れそうなのか比較してみると分かりますよ!

ヤフオクとセルカ(SellCa)の価格相場の違い

まずどちらの方に出品した方が高く売れるかを調べて見ました。

なかなかヤフオクとセルカ(SellCa)で同じ「車種」「年式」「走行距離」となると合致するのがあまりなく、探しまくりましたが何とか出てきたのが「プリウス」「BMW」の2件です。

まずはプリウス!

ヤフオクでのプリウスの売却価格

  • 年式:2013年
  • 走行距離:18400km
  • 即決価格:96万3,000円

セルカ(SellCa)でのプリウス売却価格

  • 年式:2013年
  • 走行距離:44761㎞
  • 売却価格:100万円

プリウスの売却価格はヤフオクとセルカ(SellCa)ではセルカ(SellCa)の方が高く売れています。

もちろん色などの違いや細かい部分などでの違いもあるかと思いますが、ヤフオクでは即決価格で963000円という価格でセルカ(SellCa)よりも安い金額なのにも関わらず即決はされていません。

オークション終了時にはこの金額よりもさらに低い金額で終了となるでしょう。

走行距離数もセルカ(SellCa)の方が44761kmも走っているので程度としてはマイナス要因になるにも関わらずかなりの高額で売却が出来ていると思います。

では次は「BMW」です!

ヤフオクでのBMWの売却価格

1台目のBMW

  • 年式:2012年
  • 走行距離:13000㎞
  • 即決価格:79,8万円

2台目のBMW

  • 年式:2012年
  • 走行距離:25900㎞
  • 即決価格:88万円

セルカ(SellCa)のBMWの売却価格

  • 年式:2014年
  • 走行距離:52500㎞
  • 売却価格:89.1万円

年式と走行距離数は若干の違いはありますが、年式はセルカ(SellCa)の方が2年ほど新しく

走行距離数は2万㎞ほどヤフオクの方が走っていないという状態なので、おおむね条件の違いとして相殺されているかと思われます。

ヤフオクの即決価格と比較をしてもセルカ(SellCa)の売却価格の方が若干上回っています。

さらにヤフオクでは即決価格にも関わらず落札されていないという事はここでも即決価格以下で実際は売却成立する事が予測されます。

プリウスとBMWの両方を比較してもオークションで実際に落札される金額が高いのはセルカ(SellCa)のオークションだといえるでしょう。

つまりオークション形式で車を高く売りたいならセルカ(SellCa)は有効な売却方法といえますね。

ヤフオクとセルカ(SellCa)の手数料の違い

オークションとしてセルカ(SellCa)は十分に効果があり個人売買のヤフオクにも負けない程の実績がある買取サービスですが、手数料の違いはどれくらいあるのか?

実は比較するまでもなく圧倒的にセルカ(SellCa)の方が安いのですが一応紹介しましょう。

ヤフオクのオークション手数料

  • 出品手数料:3024円
  • 落札手数料:3024円
  • 合計:6024円

セルカ(SellCa)のオークション手数料

  • 出品手数料:0円
  • 落札手数料:0円
  • 合計:0円

ヤフオクのオークション手数料の合計は6048円

セルカ(SellCa)のオークション手数料の合計は0円

そうです!

セルカ(SellCa)のオークションは費用が一切かからない0円で出品できる買取サービスなんです!

これはもう出品しないとですよね!

セルカ(SellCa)の買取サービスは期間限定キャンペーンで無料!

今回ヤフオクとセルカ(SellCa)の売却価格を調査してみましたが、あらためてセルカ(SellCa)は利用するべきだと感じました。

もちろん数件の比較しか出来ませんが、それでもセルカ(SellCa)の実績は本物です。

さらにオークション手数料が0円となると、これはもう比較とかそういった理屈抜きで実際にやってみてから判断した方が良いレベルです。

しかしセルカ(SellCa)の無料はいつまでも行っている訳ではないので期間限定のキャンペーンとなっています。

いつから有料になるかはわかりませんが、有料になった場合では10,800円の落札手数料が発生するので高く売りたいなら今がチャンスです!

誰でも簡単に売却できるセルカ(SellCa)の詳しい情報は↓の記事で紹介していますのでチェックして下さい。

SNSでもご購読できます。